【50代|顔のたるみ改善法】たるみの原因と50代でも若返るたるみ対策!

「50代を過ぎてから目元が下がってきた…」

「フェイスラインのもたつきや、二重あごが気になる…」

 

年齢を重ねることで、たるむ肌。

加齢により肌の弾力や代謝機能は低下するため、肌のたるみ症状は年々深刻化していきます。

たるみは見た目年齢を上げてしまう要素です。逆に言うと、たるみを抑えれば、見た目年齢の若返りも狙えるのです。

 

この記事では、50代女性がもっとも気になる肌悩みである『たるみ』の原因や、改善方法について詳しく解説します。おすすめのエイジング美容液もご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

顔のたるみの原因

顔のたるみは、主に以下の3つが原因と考えられます。

  • 肌弾力の低下
  • 代謝機能の低下
  • 筋力の低下

これらの症状は加齢により引き起こされるので、たるみが起こるのは自然の原理といえます。加齢によるたるみ症状を完全に止めることは難しいですが、たるみを加速させる要因を減らすことで、今あるたるみや、将来起こりうるたるみ症状を食い止めることは可能です。

 

ここでは、たるみをさらに引き起こす要因を外的要因、内的要因、生活習慣要因に分けてご紹介していきます。

一つひとつ、詳しくチェックしていきましょう。

 

たるみを引き起こす外的要因

【肌弾力の低下を招く:紫外線】

肌弾力が低下する理由は、肌の真皮層を支えるコラーゲンとエラスチンが減少してしまうことにあります。これらの成分はもちろん加齢によっても減少しますが、さらに拍車をかけているのが乾燥と紫外線です。

特に紫外線は、「光老化」と呼ばれる通り、肌の三大老化と呼ばれる「たるみ」「シワ」「シミ」のすべてを引き起こす原因といわれています。

紫外線は肌の奥、真皮層にまで到達し、コラーゲンやエラスチンを破壊します。

さらに、コラーゲンとエラスチンを作る線維芽細胞も破壊するため、さらなるたるみ症状を引き起こすのです。

紫外線は、季節を問わず年中降り注いでいます。外出の時だけでなく室内でも紫外線対策はしっかりおこないましょう。

 

【肌弾力・代謝機能の低下を招く:乾燥】

( 左:健康肌  /  右:乾燥肌)

肌が乾燥すると代謝機能が低下するため、肌は適切な水分量が保持できなくなります。すると、肌表面のハリや弾力が失われるため、たるみ症状が加速するのです。

もともと50代女性は、加齢によって水分量や皮脂量が低下するため、日頃から保湿ケアをおこない乾燥から肌を守ることが重要です。

また、乾燥した肌はバリア機能が低下しがち。バリア機能が低下すると紫外線ダメージを受けやすくなったり、外部刺激を受けやすくなったりします。

若いころより肌が敏感になってきた、と感じるのはこのためです。

乾燥防止はもちろん、肌トラブルを避けるためにも保湿ケアはしっかりおこないましょう。

 

たるみを引き起こす内的要因

【肌弾力・代謝機能の低下を招く:ホルモンバランス】

加齢によって女性ホルモンの減少が起こると、コラーゲンやエラスチンの機能が低下し、それに伴い肌のハリ感や弾力感も失われます。

また、加齢により代謝機能も低下するので、肌のターンオーバーの周期はどんどん遅くなっていきます。このように、加齢によりホルモンバランスが変化することで、肌はたるみやすくなるのです。

ただし、ホルモンバランスを乱す原因は加齢だけではありません。

女性の身体はとてもデリケートです。女性ホルモンの分泌は脳や神経からの指令でコントロールされているため、ストレスや不規則な生活、睡眠不足といった少しのことでもバランスが乱れてしまいます。

ホルモンバランスを乱さないためには、生活習慣を整え、ストレスを溜めない環境を整えることが重要です。

 

【筋力の低下を招く:表情筋の衰え】

年齢を重ねることで筋力は次第に衰えていきますが、それは顔の筋肉も同じです。

顔の筋肉である表情筋は衰えることで弾力を失い、皮膚を支えられなくなるため次第に肌のたるみを引き起こします。

加齢による筋力低下を完全に防ぐことは難しいですが、普段から表情筋をしっかり意識して動かすことで、将来起こりうるたるみを未然に防ぐことが可能です。

また、表情筋は加齢や筋肉量の低下以外に、猫背などの姿勢や、デスクワークやスマホ操作時に前屈みの姿勢で長時間いることでも衰えます。

日頃から姿勢を正し、表情筋を意識した生活を心がけましょう。

表情筋を動かすエクササイズに関しては、後ほどご紹介致します。

表情筋エクササイズをチェックする

 

たるみを引き起こす生活習慣要因

【肌弾力・代謝機能の低下を招く:睡眠】

睡眠は、健康はもちろん美容の面でもとても重要です。

眠っている間に、「若返りホルモン」と呼ばれる成長ホルモンが分泌されます。成長ホルモンは、骨や筋肉、皮膚の成長促進、代謝機能の調整など、体のさまざまな機能に作用します。

成長ホルモンが十分に分泌される良質な睡眠をとることで、肌の水分やコラーゲン、ヒアルロン酸の量が増えて肌が美しくなるのです。

睡眠不足などで成長ホルモンの分泌が減少すると、肌のハリや弾力が弱まります。さらに、代謝機能も低下するためターンオーバーが乱れ、肌がたるみやすくなるのです。

仕事や家事が忙しく睡眠時間が取れない…。という方も、睡眠の妨げになる、携帯やテレビなどのブルーライト、カフェインやアルコールなどは最低限避けるようにしましょう。

 

【肌弾力・代謝機能の低下を招く:食事】

食事の栄養バランスや食事方法によっても、たるみ症状は悪化します。

とくに50代女性が気をつけたいのは『糖化』

「糖化」とは、食事などでとった余分な糖分が体の中でコラーゲンなどのたんぱく質と結びつく現象を指します。

糖化により老化たんぱく質ができ、肌や体の組織の代謝機能を阻害することで、肌の弾力がなくなり、しいてはたるみやくすみを発生させるのです。

糖分が多い食事は控えたり、食事の際には野菜などの食物繊維から先に食べることを心がけましょう。

 

50代がやるべき顔のたるみ改善方法

たるみを改善するためには、まずは上述したたるみを悪化させる要因をできるだけ排除することが大切です。

その上で、『たるみ』を改善するエクササイズやスキンケアを取り入れてくださいね。

いまからご紹介するのは、自宅で簡単にできる【表情筋を鍛えるエクササイズ】【頭皮マッサージ】【エイジング化粧品での肌ケア】の3つです。

これらをおこなうことで、今あるたるみはもちろん、これから起こりうるたるみを予防することが可能です。それぞれの方法について解説しますのでぜひチェックしてみてください。

頬や口元の筋肉を鍛えるエクササイズ

 

たるみのない若々しい肌を保つためには『表情筋』がとても重要です。

なかでも、頬や口元の筋肉が衰えると、 皮膚を支えられなくなるため、フェイスラインにたるみができてしまいます。

特に私たち日本人は表情が乏しく、表情筋の2割程度しか使えていないといわれています。たるみが気になる方は、日頃から表情筋を意識して生活するようにしましょう。

ここからは、簡単にできる表情筋エクササイズを2つご紹介するので、ぜひ実践してみてください。

 

【注意点】

肌が乾燥すると、シワはできやすくなります。

エクササイズ前は化粧水や美容液、クリームなどの基礎化粧品でしっかりと保湿してから始めてくださいね。

 

【舌回しエクササイズ】

口周りを囲むようにある「口輪筋」を鍛える方法です。

  1. 口を閉じたまま、舌先で歯茎の外側をなぞるように3秒かけて大きく回す
  2. 逆回転も同じように行う

舌先に力を入れて、ゆっくり回すのがポイントです。1日30回を目安にチャンレンジしてみましょう。

口輪筋を鍛えることで、たるみ防止効果はもちろん、自然に口角の上がった明るい口元になります。年を感じない若々しい印象になるのでおすすめです。

 

【割りばしエクササイズ】

口角からこめかみにある大頬骨筋を鍛える方法です。

  1. 割り箸を口にくわえる
  2. 「イ」の口にして口角と頬を引き上げる(30秒〜1分間キープ)

頬全体を引き上げるように、鍛える筋肉を意識するのがポイントです。1日3回を目安にチャレンジしてみましょう。

こちらのエクササイズはたるみ防止効果はもちろん、輪郭をシャープにする効果も。

続けることで、たるみのないすっきりとしたフェイスラインが手に入るので、ぜひ習慣にしてくださいね。

 

頭皮マッサージ

頭には、眉上から額上にある前頭筋、耳上からこめかみにある側頭筋、頭の後ろにある後頭筋という3つの筋肉があります。これらの筋肉は表情筋とつながっていて、表情を作るときや食べ物を噛むときなどに使われます。

頭の筋肉は顔の表情筋を支えているため、頭の筋肉にコリやむくみがあると顔のたるみやシワ、ほうれい線を引き起こすことも。

耳の上の頭皮を指でつまめない人は、頭皮が硬くなっているかもしれません。頭皮マッサージで、頭皮のハリや弾力を取り戻しましょう。

【step1.生え際から頭頂部に向かって揉みほぐす】

  1. 黒目から延長線上にある生え際に手のひらを当てます。頭蓋骨を掴むように真ん中に頭皮を寄せます。(2秒キープ)
  2. 生え際から頭頂部まで、4回に分けて揉みほぐしましょう。

 

【step2.耳周りから頭頂部に向かって揉みほぐす】

  1. 手のひらで頭皮を動かすようなイメージで、耳裏から頭頂部に向かって揉みほぐします。イタ気持ちいいと感じる程度の力加減で30秒ほど行いましょう。

 

【step3.後頭部から頭頂部に向かって揉みほぐす】

  1. 【step.2】と同じように、後頭部から頭頂部に向かって揉みほぐします。
  2. 下から上、内側から外側に向かって、範囲全体を30秒ほど揉みほぐしましょう。

 

【step4.頭皮全体を引っ張り上げる】

  1. 手を大きく広げて、耳裏からうなじにかけて頭皮を上に引っ張り上げます。
  2. 頭頂部に向かって手を移動させていき、頭皮全体を引っ張りあげましょう。

 

エイジング化粧品での肌ケア

スキンケア化粧品は、年齢や肌悩みに合ったものを使うことが大切です。

とくに50代は肌が乾燥しやすいため、高保湿成分配合のスキンケアアイテムを選ぶことをおすすめします。


また、50代の肌は、加齢による代謝の低下などからハリ不足を感じやすくなります。

高保湿成分だけでなく、エイジングケアに効果的な美容成分が配合されているスキンケアアイテムを選びましょう。

たるみ改善におすすめの保湿成分・エイジングケア成分は以下のようなものがあります。

 

【おすすめの保湿成分】

  • セラミド・・・人の肌にもともと存在する保水力の高い成分。水分を保持する機能や外部刺激から守るバリア機能をもつ

 

  • ヒアルロン酸・・・水分と結びついて肌を乾燥から守る役割のほか、コラーゲンの隙間を満たして、肌のハリや弾力を生み出す役割がある

 

  • コラーゲン・・・肌の「真皮」を構成するたんぱく質。角層のうるおいを保持し、みずみずしさやハリ感を与える機能をもつ

 

  • スクワラン・・・水分や汗と混ざり合うことで肌の表面に「皮脂膜」を形成し、肌の水分の蒸発を防いで、潤いを閉じ込める

なかでも、美容成分『セラミド』は極めて保水力が高いためおすすめです。

こちらの記事でセラミドについて詳しく解説していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

エイジングケアを始めとするトータルビューティ情報メディア【しろ彩コラム】

肌トラブルの中でも「乾燥肌」は特に多くの方が抱える悩みです。 しかし、お手入れに気を遣っているつもりでも、なかなか肌の乾…

 

【おすすめのエイジングケア成分】

  •  ​​​ナイアシンアミド・・・血行を促す働きがあり、肌のターンオーバーやコラーゲンの生成を促す。ハリ感アップ、シワ改善効果、肌荒れ改善効果が期待できる

 

  • レチノール(ビタミンA)・・・コラーゲンやヒアルロン酸などの美容成分の自発生産を促進する線維芽細胞を活性化する働きがある

 

  • オルニチン・・・成長ホルモンの分泌を促す働きがあり、新陳代謝の活性化、肌のターンオーバー促進、コラーゲン生成をサポートする効果がある

化粧品に配合されている成分は、商品のパッケージや公式サイトの情報で確認できます。商品を選ぶ際は、自分の肌に必要な成分が配合されているかをチェックするようにしましょう。

 

【リレイズ】50代女性におすすめのエイジング美容液

 

ブランド名 白漢しろ彩(SHIROSAI)
商品名 リレイズ
内容量 26g
価格 【通常価格】9,500円(税抜)・送料600円

【定期コース】7,600円(税抜)・送料無料

上述したとおり50代女性のスキンケアでは、高保湿成分の他、エイジングケア成分を外から取り入れてあげることが重要です。

ここでご紹介するエイジング美容液「リレイズ」には、保湿成分とエイジングケア成分がたっぷり配合されてるので、たるみが気になる50代女性におすすめです。

商品の特徴について詳しくご紹介しますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

世界初の成分が配合されたエイジングケア美容液

保湿成分である「セラミド」は、人の肌にもともとある成分です。化粧品に含まれるセラミドにはいくつかの種類がありますが、なかでも、保湿力と浸透力が高いのは、人の肌にあるセラミドと同等の構造を持つ「ヒト型セラミド」だといわれています。

しかし、化粧品に配合されているヒト型セラミドは化学合成によるものがほとんど。

リレイズに配合されているのは、栗皮から抽出した世界初の植物性ヒト型セラミドです。

植物性ヒト型セラミドには、従来のヒト型セラミドよりも、人の肌にもともとあるセラミドが多く含まれているのが特徴です。

そのため、保湿力はもちろん、バリア機能改善効果肌のキメを整える効果乾燥性小じわを目立ちにくくする効果セラミド産生を促す効果などが期待できます。

 

エイジングケア成分をたっぷり配合

リレイズ美容液には50代女性に必要な、たるみやシワにアプローチするエイジングケア成分がたっぷり配合されています。

リレイズ美容液に配合されているナイアシンアミドオルニチンクイックリフト®が肌にハリを与え、弾力のある若々しい肌へと導きます。また、リレイズ美容液は無添加処方のため、バリア機能が低下し敏感になった肌でも安心して使用できます。

【無添加処方】

石油系界面活性剤・鉱物油・パラベン・エタノール・シリコン・紫外線吸収剤・合成着色料フリー

 

抗シワ試験実証済み

リレイズ美容液は抗シワ試験を実施しています。

【抗シワ試験の方法】

リレイズを4週間使用し、シワグレード標準に基づく判定値を計測。

 

試験の結果、「乾燥によるシワを目立たなくする」効果が認められています。

また、ほうれい線臨床試験も実施済みで、マッサージとの併用によりたるみやほうれい線への改善効果も証明されています。

リレイズ美容液は、たるみだけでなく小じわを改善したいという方にもおすすめです。

 

50代に合ったたるみ改善法で見た目年齢−10才を目指そう!

年齢を重ねると、体にさまざまな変化が起こりシワや法令線、たるみなどもできやすくなります。

加齢による肌の衰えは避けられませんが、たるみを加速させる日々の習慣を取り除くことで、年々進むたるみ症状にストップをかけることが可能です。

たるみを改善するには、美容医療による治療やエステなどさまざまな方法があります。しかし、今回ご紹介した日常生活でできる簡単な対策でも十分効果が期待できます。

今あるたるみを少しでも解消したいという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

原因とそれを解消するケアで、たるみの深刻化を食い止めて、見た目年齢−10才を目指しましょう!