お肌にうるおいが欲しい!注目の保湿成分「セラミド」の効能についてご紹介

乾燥はお肌の大敵です。それゆえに、さまざまな乾燥肌対策を試しているという人も少なくないでしょう。

しかし、そうした対策を行っているにも関わらず、思ったような効果が得られないという方も多いのではないでしょうか。

それは、もしかしたらセラミド不足のせいかもしれません。

そこで今回の記事では、乾燥肌ケアの注目成分である「セラミド」の効能やセラミドを使った乾燥肌対策についてご紹介していきます。

 

セラミドについて

セラミドは、もともと人の肌に存在している物質です。「角層細胞間脂質」とも呼ばれており、肌の水分保持などに重要な役割を果たします。

人間の表皮を形成する角質層の間には、肌の潤いの元である水分が満たされていて、この水分や角質細胞をつなぎとめておくための物質がセラミド(角層細胞間脂質)なのです

そして、健康な皮膚では、セラミドと水分が層状に並ぶ「ラメラ構造」を形成しています。ラメラ構造が整っていることが美肌の条件であり、これによって水分の蒸発や外部刺激から皮膚を守ってくれるのです。

このラメラ構造が崩れてしまうと、乾燥肌や敏感肌などの肌トラブルを引き起こしてしまいます。ラメラ構造を整えるためには、不足したセラミドを補ってあげることが必要。

保湿成分として有名なコラーゲンやヒアルロン酸も肌を潤わせることはできますが、ラメラ構造が崩れているとその効果を発揮することは難しいです。

ラメラ構造を整え、肌自体の水分保持能力を回復させることができるのは「セラミド」だけなのです。

 

セラミドの効能

セラミドが肌にとって欠かせない成分であることがわかりました。

続いては、その具体的な効能について見ていきましょう。

 

保湿効果

皮膚の中で水分を抱え込む役割をもつセラミドは、非常に保湿効果の高い成分です。

セラミドは親水基(水とくっつきやすい)と疎水基(脂とくっつきやすい)という2つの特徴をもった珍しい成分であり、ゆえに水分と脂を同時に保持することができます

そのため、皮膚の乾燥を防ぎ保湿効果を高めることが可能なのです。

潤いのある肌を作るためには、セラミドを不足させないことが重要であるといえるでしょう。

 

バリア機能

セラミドは、肌を外部刺激から守る「バリア機能」にとっても非常に重要な成分です。

皮膚にはもともとチリやほこり、乾燥した空気などの外部刺激から肌を守る「バリア機能」が備わっています。このバリア機能がきちんと働くためには、肌のラメラ構造が整っていることが大切です

ラメラ構造のしっかりした肌はキメが整っているため、外からの刺激に対抗することができます。

また、バリア機能の高い肌は、外部刺激によるトラブルが起きづらく、皮膚の水分も逃げづらいという特徴をもっています。

ゆえに、肌の美しさを保つには、セラミドを増やしバリア機能を高めることが大切なのです。

 

セラミドが不足する理由

前述した通り、乾燥肌や敏感肌などの肌トラブルの原因はセラミド不足であることが多いです。ではなぜセラミドは不足してしまうのでしょうか。

セラミドが不足する主な原因は下記の3つです。

  • 加齢
  • 誤ったスキンケア
  • ターンオーバーの乱れ

それぞれ解説していきます。

 

加齢によるもの

セラミド不足の第一の原因は加齢です。

50代と20代のセラミド量を比較すると、約半分にまで減少することがわかっています。年齢とともに肌のハリや潤いがなくなり、肌印象が変化してしまうのはセラミド不足が大きく関わっているといえるでしょう。

特に、ひじやひざ、手の乾燥などは加齢によるセラミド不足によるところが大きいです。

年齢を重ねたら、できるだけセラミドを意識したケアを行うことが大切です。

 

誤ったスキンケアによるもの

誤ったスキンケアもセラミド不足の一因になります。

ゴシゴシ洗いや過剰な洗顔、洗浄力の強すぎるクレンジングなどによって、汚れだけでなく肌のセラミドまで奪っている可能性があります。

セラミドを守りながら洗顔するためには、肌に優しい洗顔料やクレンジング剤を使って優しく洗うことが大切です

また、洗いすぎもよくないので、日に何度も洗顔している場合は頻度を抑えるようにしましょう洗顔後のスキンケアも、肌に刺激をかけずに優しく行うことをおすすめします。

特に敏感肌の方は、低刺激処方や医薬部外品のアイテムを選ぶなど、肌状態よっては普段のスキンケア用品を見直すことも必要です。

 

ターンオーバーが乱れたことによるもの

肌の生まれ変わりである「ターンオーバー」のサイクルが乱れることでも、セラミド不足が引き起こされることがあります。

ターンオーバーとともに新しいセラミドは産生されるため、このサイクルが乱れるとセラミドの量も減少してしまうのです。

ターンオーバーの乱れは過剰な日焼けや肌の炎症、睡眠不足や女性ホルモンの乱れなどによって起こりやすくなります。

セラミド不足に陥らないためにも、日ごろから規則正しい生活を心掛けることが大切です

 

【必見】セラミドを効率良く補う方法

気をつけているつもりでも、加齢や生活習慣などが原因でセラミド不足に陥ってしまうこともあるでしょう。

ここではセラミドを効率よく補う方法について解説していきます。

「最近乾燥や肌トラブルが気になる…」という方は、以下のことを参考に上手にセラミドを補充してくださいね。

  • セラミド配合のスキンケアを使用する
  • セラミドを含んだ食べ物を摂取する
  • セラミドを含んだ飲料の摂取

ひとつ一つ解説していきます。

 

セラミド配合のスキンケアを使用する

乾燥や肌トラブルが気になるなら、まずは毎日のスキンケアでセラミドを補うことをおすすめします。

セラミドには大きく分けると「ヒト型セラミド」「動物性セラミド」「植物性セラミド」「疑似セラミド」の4種類が存在します。

中でも、人の持つセラミドの構造に近く、もっとも高い保湿効果が期待できる「ヒト型セラミド」の配合されている商品がおすすめです

さまざまなメーカーよりセラミド配合の商品が研究開発されていますが、継続するためにも自分の使いやすいアイテムを選ぶとよいでしょう。

しろ彩「リレイズ」なら、美容液タイプのアイテムなのでお手持ちの化粧水やクリームと組み合わせて使うことが可能です。

ブランド しろ彩 
金額/内容量 ¥8,500円/26g

世界で初めて開発された「植物性ヒト型セラミド」がたっぷり配合されているので、乾燥が気になる肌のケアにぴったりです。

また、ナイアシンアミド・クイックリフト®・オルニチンなど、肌にハリを与える成分も入っているため、年齢肌が気になる方にもおすすめです。

石油系界面活性剤・鉱物油・パラベン・エタノール・シリコン・紫外線吸収剤・合成着色料などの添加物は無配合なので、敏感な肌の方でも安心して使用することができますよ

 

セラミドを含んだ食べ物を摂取

セラミドを含んだ食品を摂取することで、体の内側からセラミド成分を補充することも可能です。

セラミドを多く含む食品としては、こんにゃく芋とうもろこしなどが挙げられます。また、パイナップルアボカドなども体内のセラミドを増やすのに有効です。

しかしだからといって、偏った食生活ではその効果を十分に発揮することはできません。

セラミドを含んだ食べ物を摂るのと同時に、バランスの取れた食生活を心がけるようにしましょう。

 

セラミドを含んだ飲料の摂取

肌内部からの乾燥対策を目指すなら、セラミドの生成や吸収を手助けする飲みものを積極的に摂取するのもよいでしょう。

「ミルクセラミド」が含まれている牛乳や、「グルコシルセラミド」が含まれている米糀をつかった糀ドリンクなどがおすすめです。

また「グルコシルセラミド」は味噌にも含まれているので、食事に味噌汁を取り入れることで美肌効果が期待できます

また、ビタミンCの多い果物の生ジュースなどは抗酸化力が高く、セラミド合成を阻害する活性酸素の働きを抑えてくれる作用があります。

こうした飲み物を、ぜひ意識的に普段の食事に取り入れてみてくださいね。

 

セラミドを補えるサプリメントで摂取

食事でセラミドを補えるといっても、食事だけで必要量を補給するのは現実的ではありません。そういった場合におすすめなのがサプリメントの活用です。

最近では錠剤や顆粒タイプなど、多くのメーカーからさまざまなセラミドサプリが販売されています。

セラミドサプリはあくまで健康補助食品なので、基本的には他の薬と一緒に摂取しても大丈夫です。しかし、普段飲んでいるサプリや薬との併用が心配という場合は、かかりつけの医師に相談してみてくださいね。

 

セラミドでうるおい溢れる素肌美人へ!

肌の潤いを保持し、バリア機能を高めるためにセラミドは欠かせない成分です

乾燥肌や敏感肌に悩んでいるなら、ぜひセラミドを普段のケアに取り入れることをおすすめします。

食事やサプリメント、基礎化粧品など、セラミドの補充方法はさまざまですが、続けやすく、かつ高い効果が見込めるものを選ぶようにしましょう

体の内側と外側からのセラミドケアで、潤いあふれる美肌を目指してくださいね。