【40代向け】顔のたるみの原因と今日からできる改善方法を徹底解説!

若い時は無縁だったのに、40代を過ぎた頃から顔のたるみが気になってきた…という方も多いのではないでしょうか。

「年齢を重ねたからしょうがない」と思いつつも、どうにか改善できないか、と奮闘されている方もいらっしゃると思います。

そこで今回の記事では、40代に起こりやすい「顔たるみ」の原因や今からでも実行できる改善方法についてご紹介していきます

今すぐにたるみを食い止めたい!という方はぜひ参考にしてください。

 

40代に多い顔たるみの原因

まずは40代に多くみられる「顔たるみ」の原因について解説していきます。

 

加齢に伴う筋力の低下によるもの

筋肉は加齢とともに劣化していきます。それは顔の皮膚や脂肪を支えている「表情筋」も例外ではありません。

表情筋とは、目・鼻・口・眉など顔のさまざまな箇所を動かす筋肉であり、その数なんと約60種類もあると言われています。

表情筋は名前の通り、笑い顔や怒った顔などさまざまな表情を作り出すほか、ものを食べたり飲んだり目を開閉したりしゃべったりする動きにも使われます。

しかし、年齢を重ねることで筋肉量は減少し、筋肉の質も低下してしまいます

筋肉が劣化すれば当然支える力も弱まっていくため、顔の皮膚や脂肪が垂れ下がり、たるみとして現れるのです

また、当然ながら使われない筋肉はより劣化が早まります。無表情な方の場合、顔のたるみがさらに目立つ傾向にあるので注意が必要です。

 

女性ホルモンによるもの

40代といえば白髪がちらほらと目立ち始め、人によってはプレ更年期の症状が出るなど、否が応でも老化を意識せざるをえない世代です。

こうした体の変化には、女性ホルモンが大きく関わっています。

女性らしい体をつくり、肌を美しく保つ働きをもつ女性ホルモン「エストロゲン」は、30歳頃をピークに徐々に減少していきます

エストロゲンが減少すると、肌のハリの元であるコラーゲンやエラスチンを作り出す「線維芽細胞」の働きも弱まってしまいます。

ゆえに、エストロゲンの豊富な20代と比較すると、40代の肌はたるみが目立つようになるのです。

さらに40代は、仕事に子育てにと非常に忙しい世代。感じるストレスも大きく、ホルモンバランスの乱れが起こりやすい状況です。

たるみを予防するためには、40代特有の女性ホルモンの状態をできるだけ改善する必要があります

 

肌の乾燥によるもの

本来肌の水分は、皮脂やセラミドなどの細胞間脂質と天然保湿因子によって保たれています。しかし、加齢によりこれらの分泌が低下すると、皮脂膜が薄くなり角質の水分が減少することで、肌が乾燥してしまうのです

また、肌のハリを保つ働きのある「コラーゲン」や「エラスチン」、細胞間を満たす「ヒアルロン酸」などの成分も乾燥の影響を受けやすい特徴があります。

乾燥により、肌の弾力や保水力を保つ美容成分が減少することで、ターンオーバーの機能が低下し、ハリのないたるみ肌となってしまいます

加齢による肌の乾燥やたるみを感じたら、スキンケアなどで外から美容成分を補ってあげることが重要です。

後ほど40代におすすめのエイジング美容液をご紹介しますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

生活や表情の癖によるもの

表情筋に無理な緊張がかかることでも、たるみは起こりやすくなります。

眉間を寄せたり、口角を下げたりといった表情の癖がある方は要注意です。

偏った筋肉の使い方によってその部分の筋線維が肥大し、ひっぱられた周辺の皮膚がたるんでしまう可能性があるのです

  • 眉をひそめる癖・・・額や目の周りがたるみやすくなる
  • 口角が下がっている・・・ほうれい線やマリオネットラインができやすい
  • 歯ぎしり・食いしばりの癖・・・あごや頬がたるみやすくなる

また、日常的に頬杖をついたり片側だけでご飯を食べたりすることも、たるみへと繋がります。

表情の癖は改善が難しいですが、意識的に直すように心がけてみてください。

 

食生活の偏りによるもの

食生活の乱れが要因となって、顔のたるみが引き起こされる場合もあります。

偏った食事では十分に栄養が吸収されず、結果として肌の健康状態も悪化してしまいます。健やかな肌状態のためには、必要な栄養素をバランス良く摂ることが必要です

特に『たんぱく質』は欠かせない栄養素です。

肌や筋肉はたんぱく質で構成されています。肌艶のよい若々しい肌を保つにはタンパク質がとても重要なのです。

しかし、女性の中にはダイエットによりタンパク質が不足しがちな方が多くいます。タンパク質が不足すると肌荒れや乾燥肌、たるみ症状を招くことに。

極端な食事制限は美肌の大敵です無理なダイエットはせず、バランスの良い食事を心掛けることがたるみ予防につながります。

 

40代におすすめ!顔のたるみを改善する5つの方法

続いて40代の方に効果的な、顔のたるみを改善する方法をご紹介します。

 

表情筋エクササイズをおこなう

筋力の低下は、顔のたるみを引き起こす大きな要因のひとつです。筋力アップ効果のある「表情筋エクササイズ」を行えば、たるみの改善や予防が期待できます。

また、毎日のエクササイズで筋肉を正しく動かすことは、長年の習慣で凝り固まってしまった表情の癖の改善効果も見込めます

目もとのたるみが気になる方は「眼輪筋」を中心とした表情筋トレを、フェイスラインのリフトアップを目指すなら頭皮のマッサージなどがおすすめです。

 

適度な運動をおこなう

たるみを改善したいなら、まずは生活習慣を見直しましょう。

特に体に変化の表れやすい40代は、ストレスや疲労を溜め込むとホルモンバランスを崩す恐れがあります。

毎日の生活に適度な運動を取り入れることで、ストレス解消や滞りがちな血流の改善効果が期待できます

とはいえ、急に1日数時間にも及ぶ運動をはじめる必要はありません。

エレベーターではなく階段を使う、一駅分歩くなど、取り入れやすい方法で体を動かすと良いでしょう。

 

良質な睡眠をとる

睡眠も肌にとっては非常に重要です。

睡眠不足が続くとストレスが溜まり疲れが取れないだけでなく、自律神経やホルモンバランスにも影響するため、肌にとってよくありません。

睡眠時間は最低でも8時間はとるように心がけましょう。

体や肌の調子を整えるための睡眠のポイントは以下のとおりです。

  • 寝る3時間前には食事を済ませる
  • ぬるめ(38度前後)のお風呂でからだをゆっくり温める
  • 寝る30分前は、スマートフォンやゲームなど脳が覚醒するようなことはしない
  • 寝室は心地よい室温と湿度を保つ
  • 枕の高さなど、寝具は体に合ったものを使用する

もし、さまざまな対策をとっても不眠が続く人は更年期の症状が出ている可能性があります。更年期の対策には漢方薬がおすすめです。

ちなみに、のぼせやイライラの症状には「加味逍遙散(かみしょうようさん)」、不眠や不安感には「柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)」、胃腸が弱く疲れを感じる場合は「加味帰脾湯(かみきひとう)」が使われることが多いです。

まずは自分の症状を、専門の漢方医に相談することをおすすめします。

 

乾燥肌ケアができるスキンケアアイテムに切り替える

乾燥はたるみ症状を悪化させる可能性があります。

普段のスキンケアアイテムに物足りなさを感じているなら、乾燥肌ケアができるものに切り替えることをおすすめします。

乾燥肌に効果的なアイテムを選ぶ場合は、配合されている成分に着目しましょう。

以下の美容成分は、乾燥肌対策に特におすすめのものです。

  • コラーゲン・・・真皮層に存在し、肌のハリや弾力を保つ。
  • セラミド・・・人の肌にも存在する保水力の高い成分。皮膚のバリア機能を高める効果がある。特に「ヒト型セラミド」に分類されるものは、肌への浸透力が最も高い
  • ヒアルロン酸・・・1gで6リットルもの水分を保つ。保水力が高く水分と結びついて肌を乾燥から守る
  • スクワラン・・・水分や汗と混ざり合うことで肌の表面に「皮脂膜」を形成し、肌の水分の蒸発を防いで、潤いを閉じ込める
  • アミノ酸・・・皮膚がもともと持つ潤い成分である「天然保湿因子」のひとつ。保水力が高いため、乾燥肌のケアに向いている

この中でも特に保水力が高くおすすめの美容成分が『セラミド』です。

こちらの記事でセラミドについて詳しく解説していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

【乾燥肌必見】お肌の必須成分セラミドとは?気になる効果や種類を徹底解説

 

表情の癖が原因の場合は美容医療もおすすめ

表情の癖がたるみの原因という場合は、美容医療機関でリフトアップ治療を受けるという選択肢もあります。

たるみが強いとセルフケアだけで改善することが難しい場合もあります。

美容医療の一種である「ボトックス注射治療」は、表情の癖によって肥大化してしまった筋肉の働きを弱める効果があります。

ボトックス治療によって、表情のクセが治ることでたるみ症状の軽減が期待できます

また、美容医療にはボトックス以外にも美容レーザーでたるみを改善に導いたり、糸を入れることによってたるみを引き上げたりと多くの方法があります。

気になる方はまずはカウンセリングから受けてみてくださいね。

 

栄養バランスの良い食事を摂る

たるみのない若々しい肌を保つには、バランスの取れた食事を摂ることが大切です。

〇〇だけ、といった偏った食生活は必要な栄養素が摂れないばかりか、ホルモンバランスを乱す可能性もあり、肌にとってよくありません。

厚生労働省が指針として提案している理想の食事バランスは、「主食:副菜:主菜」の順で「3:2:1」です。こうしたバランスの良い食生活が、心身の健康を整え40代特有の不調を予防する手助けになります。

また、女性ホルモンと似た働きをする「イソフラボン」を含む食品は、更年期の入口である40代女性には特におすすめです。

イソフラボンが豊富に含まれるのは大豆食品です。日々の献立に納豆や豆腐、煮豆などを上手に取り入れるようにしましょう。

 

40代に人気!乾燥肌にアプローチしてくれる美容液5選

最後に、たるみの気になる40代のケアにおすすめの美容液をご紹介します。

 

ディセンシア|アヤナス エッセンス コンセントレート

出典:https://www.decencia.co.jp/

価格 7500円(※税別)
容量 36g
エイジングケア成分 ヒト型セラミド・シモツケソウエキス

アヤナス エッセンス コンセントレートはエイジングケアのための美容液。乳液タイプなので肌に浸透しやすく、乾燥でごわついた肌のケアにぴったりです。

ディセンシア独自の技術によってナノ化されたヒト型セラミドが、角層の奥深くまで浸透し、しっとりした肌へと導いてくれます。 

 

しろ彩|リレイズ

出典:https://shirosai.shop/product/agingcare/rereiz/

価格 7600円(※税別)
容量 26g
エイジングケア成分 植物ヒト型セラミド・ナイアシンアミド・クイックリフト®・オルニチン

 

 

リレイズは高い保湿力で肌にハリを与えることに特化した、エイジングケア美容液です。

保湿力の高い「植物ヒト型セラミド」やハリ肌へと導くナイアシンアミドなどの有効成分が、シワやたるみの気になる年齢肌を改善に導いてくれます。

シワに対する効能試験評価、ほうれい線臨床試験実施済みの商品で、マッサージとの併用によりたるみやほうれい線の改善効果が証明されています。

無添加処方なので肌の弱い方でも安心です。

 

アルビオン|エクラフチュールd

出典:https://www.albion.co.jp/closeup/eclafutur/

価格 10,000円(※税別)
容量 40ml(※他に60mlやリフィルもあり)
エイジングケア成分 ヒト型セラミド・エビツル葉エキス・テオブロマグランジフロムル種子脂

エクラフチュールdは、うるおいを与えることで肌のバリア機能を回復、肌状態を整えることに特化した美容液です。

ヒト型セラミドをはじめとした保湿成分がたっぷり配合されており、乾燥でダメージを受けた肌のケアに適しています。

使い続けることで、キメのととのったハリ肌に導いてくれます。

 

ONE by KOSE|薬用保湿美容液

出典:https://www.kose.co.jp/onebykose/moisture/

価格 5000円(※税別)
容量 60ml
エイジングケア成分 ライスパワー®No.11

肌のうるおい改善を目的とした薬用美容液です。

コーセー独自の有効成分である「ライスパワー®No.11」が、肌のセラミドを生み出す力をサポート。潤いを与えるとともに、肌自体のもつ水分保持機能を改善に導いてくれます

スキンケアの最初に使うのがおすすめです。

 

エトヴォス|モイスチャライジングセラム

出典:https://etvos.com/shop/default.aspx

価格 4000円(※税別)
容量 50ml
エイジングケア成分 ヒト型セラミド・ヒアルロン酸・アミノ酸

人の肌にもともと存在する保湿成分に含まれる「ヒアルロン酸」や「アミノ酸」に加え、保湿効果に優れた「ヒト型セラミド」などをバランス良く配合した美容液

なじみのよいテクスチャーで使いやすく、しっとりとした美肌に導いてくれます。

余計なものが入っていない低刺激処方なので、乾燥で敏感になってしまった肌にもぴったりです。

 

今日からできるケアで気になるたるみを改善しよう!

たるみを改善するためには、毎日のケアがとても重要です。

特に40代は第二のお肌の曲がり角といわれており、表情筋の衰えやホルモンバランスの変化などの影響で、たるみ症状が出てきます。

たるみを改善し若々しい印象を保つためには、表情筋トレーニングやたるみ改善に特化したスキンケアアイテムを利用して、早めの対策をとることをおすすめします

今回ご紹介した方法やアイテムを参考に、『たるみ』改善を目指しましょう!