メイクで消す?メイクテクニックでゴルゴ線を目立たなく隠す方法を大公開!

年齢を重ねることで発生する、目の下のゴルゴ線。

生まれつきという場合もありますが、多くは加齢に伴うハリ不足や乾燥肌が原因といわれています。

今回は、老けた印象を与えるゴルゴ線に有効なメイクテクニックをご紹介します!

生き生きとした目元を取り戻して、若見え肌を実現させましょう。

 

そもそもゴルゴ線ってなに?

ゴルゴ線とは、目の涙袋より下側にできるシワのような線のことをいいます。

目頭からクマのように窪んで影を落とすもので、加齢に伴い発生しやすいのです。

そもそもゴルゴ線という名前は通称で、マンガのゴルゴ13の主人公が由来。

医学の分野では、ミッドチークラインといい、見た目はシワのように見えますが実際はシワではないのです。

ゴルゴ線は、年齢に伴って目の下の表情筋が衰え、脂肪が重力に逆らえず下垂するためにおこります。また、生まれつきの骨格や遺伝的に発生することがあります。

 

ゴルゴ線ができやすい生活習慣とは?

ゴルゴ線やほうれい線は、見た目を老けさせるためなるべく作りたくないですよね。

年齢を重ねることは避けられないため、日々の習慣によって予防をすることが重要です。

 

ゴルゴ線ができやすい生活習慣として挙げられるのが下記です。

  • 喫煙習慣
  • 睡眠不足
  • スマホ・PCの長時間利用
  • 飲酒

それぞれ詳しくみていきましょう。

 

喫煙の習慣がある

喫煙の習慣が美容に良くないというのは、周知の事実ですよね。

実際、喫煙は血管を収縮させ、老化の原因である活性酸素を増やす要因となります。

また、喫煙はビタミンCを消費しシミやそばかす、シワ、肌荒れなどの原因にもなり得ます。若々しく美しい肌を目指すなら、タバコは控えたほうが良いでしょう。

 

睡眠不足

ゴルゴ線が気になり始める年齢は、40歳過ぎてからがほとんど。

その頃の女性といえば、家事や育児、仕事にと自分のことにあまり時間をかけられず睡眠時間も不足しがちです。

疲労回復や美肌に必要な成長ホルモンは、入眠から3時間が最も多く分泌されます。

たとえ短時間睡眠でも、ぐっすりと熟睡できる環境を作ることが必要です。

 

パソコンやスマホを見ている時間が長い

表情筋の衰えもゴルゴ線を目立たせるひとつの要因です。

パソコンやスマホなどを長時間見続けたり、細かい作業を続けて視神経が疲労すると、眼精疲労の蓄積から目の下の線ができやすくなります。

 

お酒をたくさん飲む

ストレス発散に毎日お酒を飲んでいるという女性も多いかもしれません。

実際に飲酒は、体内でコルチゾールを発生させストレスから体を守る役割があります。

しかし、肌のハリや弾力に必要不可欠な、コラーゲンやヒアルロンの生成を抑制する作用もあるため、肌にとってはあまり良い効果を与えないことがわかっています。

肌トラブルを最小限に抑えるためにも、お酒はほどほどに控えましょう。

 

メイクでできるゴルゴ線の消し方とは?

できてしまったゴルゴ線。手っ取り早く消すには、やはりメイクが有効です。

注意すべき点は、ファンデーションの厚塗りメイク

厚く塗ったファンデーションは、時間が経つにつれて余計にゴルゴ線を目立たせてしまうことがあります。

 

ゴルゴ線を隠すメイクのポイントは

  • コンシーラー
  • ハイライト
  • ノーズシャドウ

ハイライトやコンシーラーの効果をうまく使ったテクニックです。

ゴルゴ線をうまく消すメイクのポイントをご紹介します!

 

コンシーラーで消す

濃いゴルゴ線を消すのに有効なメイクアイテムは、ずばりコンシーラー

カバー力が高く、薄付きのものを使って気になる部分中心に使用しましょう。

固形タイプや液状タイプ、スティックタイプなどさまざまなアイテムがあるので使いやすいものをセレクトしてください。

 

使い方は、指でポンポンと馴染ませるように薄く重ねていくのがポイント。

厚く重ねると時間の経過と共に浮き、ひび割れを起こしてしまうことがあるので注意しましょう。

シミや赤み、青クマが気になる場合には、コンシーラーの前にピンクやベージュのコントロールカラーを使って整えておくと良いでしょう。

 

ハイライトで目立たなく隠す

ハイライトは、顔のツヤや凹凸をつけるために必要な必須アイテムです。

Tゾーンなどに使用することが多い商品ですが、ゴルゴ線にも良い効果を発揮してくれます。

ゴルゴ線の少し上にハイライトを入れることで、光を反射させて気になるゴルゴ線を目立たなくする効果が期待できます。

 

ゴルゴ線にハイライターを使う場合には、Tゾーンに入れるのは控えてくださいね。

使用箇所を増やすと、逆に目立ってしまうことがあるので注意しましょう。

 

ノーズシャドウも効果的

コンシーラーやハイライトを使ってゴルゴ線を消したら、最後にノーズシャドウを入れて完成させましょう。

眉頭からスタートして、鼻筋にスッと入れるのが基本のやり方です。

ノーズシャドウの効果によって顔にメリハリが出て、ゴルゴ線を上手くごまかすことができます。

やりすぎると不自然になるので、少量を少しづつ重ねてくださいね。

 

【必見】ゴルゴ線を根本的に解決する方法

メイクでゴルゴ線を消すこともできますが、根本的な解決にはなりません。

ゴルゴ線を根本的にどうにかしたい!という方は下記の方法を試してみてくださいね。

  • マッサージやストレッチ
  • エイジング化粧品の使用
  • 姿勢の改善
  • 睡眠時間の確保
  • 目の酷使の改善

それぞれ解説していきます。

 

マッサージやストレッチを積極的に行う

ゴルゴ線ができてしまう理由は、表情筋の衰えによるものが大半です。

そのため、マッサージやストレッチを積極的に行って、顔の筋肉を動かしてあげるのがおすすめ。

目を大きく開けたり細目にするだけでも、良いストレッチになります。

 

やり方は、目の周りと頬を中心にマッサージして、衰えた筋肉を活性化させます。

ただし、目の周りの皮膚は薄いため力を入れすぎたり長時間マッサージを続けるのはやめましょう。マッサージクリームを必ず使って、肌に負担をかけないようにして下さいね。

 

保湿効果やエイジング効果の高いスキンケアに切り替える

ゴルゴ線の発生は、筋肉の衰えによる脂肪の下垂だけでなく、肌のハリ不足も原因です。

そのため、保湿効果やエイジング効果の高いスキンケアを使用することもゴルゴライン改善に効果的です。

 

おすすめなのは、世界初の植物ヒト型セラミドを配合した「リレイズ美容液」

ゴルゴ線が気になる40代後半世代は、肌質が変化しやすい年齢でもあり化粧品選びに難航している人も多いのではないでしょうか。

 

リレイズは、従来の植物セラミドとは異なる、植物由来のヒト型構造を持つ世界初の原料を使用しております。

その他にも、オルニチンやナイアシンアミドといった肌の保湿に最適な成分も配合している、抗シワ対策に有効な化粧品です。

 

使い方は簡単で、ゴルゴ線に重ね塗りして優しくマッサージをするだけ。

ほうれい線に対する試験では、4週間の使用で乾燥によるシワを目立たなくする効果が実証されています。

エイジング化粧品を探している方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

姿勢の悪さを改善

姿勢の悪さは、体全体の血行不良に繋がるだけでなく顔をたるませる原因にもなります。

猫背で首が前に出た状態や、パソコンやスマホで下を見ている時間が長いほどゴルゴ線をつくる原因となります。

姿勢はどうしても癖になってしまうので、意識的に正しい姿勢をつくるようにしましょう。

 

しっかりと睡眠をとる

毎日決まった睡眠時間を取るのは難しいという人は、熟睡できる時間を長くするのがおすすめです。

熟睡している時間に分泌される成長ホルモンには、ターンオーバーを促して肌のキメを整える役割があります。

睡眠前のストレッチなど眠りに入りやすい環境をつくりましょう。

 

目を使いすぎないように気をつける

目が疲れているときは、目の周りの筋肉が固まるのでコリが発生しやすくなります。

眼輪筋がこっていると、血流が滞りくすみや肌のハリを失わせる原因に。

 

仕事でパソコンと向き合う時間が長い人は定期的に目の休息を作るようにしましょう。

蒸しタオルや目の周りのマッサージなどが効果的です。

 

しっかりとゴルゴ線対策行い若々しい肌を手に入れよう

ゴルゴ線は、見た目を一気に老けさせます。

言い換えれば、年齢を重ねてもゴルゴ線がない女性は若々しく見えるということです。

最近シワやゴルゴ線が気になる…という方は、年齢に合ったスキンケアグッズを使って、ゴルゴ線改善に努めましょう!

もし、できてしまっても、メイクで隠しながらスキンケアや生活習慣を改善することでゴルゴ線を目立たなくさせることが可能です

効果的なエイジング化粧品をお探しの方は、ぜひリレイズ美容液を使用してみてくださいね。